スポンサーサイト

2014.10.20 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    妄想?精神的娯楽?女性にも恋愛ゲームの波

    2014.03.14 Friday

    0
      あ、恋愛ゲーム自体は昔から
      ありますからね。
      ただ、女性が主人公のゲームは
      つい最近までほとんどありませんでした。

      今までなかった分、成長も急ですが、ある意味
      男性向けと同じ動きが女性に出てきたと
      いうことでしょうか。

      http://www.rbbtoday.com/article/2014/03/13/117827.html
      リアルな恋愛より“妄想”に走る女性たち……「恋愛妄想市場」が急成長
      2014年3月13日(木) 15時00分 RBBTODAY

      女性の未婚率が増加しているだけでなく、恋人や異性の友人がいない女性も増加していると言われる昨今、リアルな恋愛から遠ざかっている現代女性たちの間では、“甘い妄想”が加速。女性向けの「恋愛妄想市場」が急成長している。

      現代女性の恋愛事情に詳しいコラムニストの相沢あい氏によれば、恋愛が実らなかったり、「好きな人ができない」という女性たちばかりでなく、パートナーがいる女性でも、少なからず妥協している部分があったり、些細なすれ違いなどに悩むなど、リアルな恋愛で満足している女性は少なくなっているという。そして、そんな女性たちの現実の恋愛では満たされない気持ちやストレスを発散させ、「こうだったら良いのに」「あんなことされてみたい」という恋愛に関する欲求を満たす役割を果たしてくれる「妄想」が、現代女性たちの心の拠り所となっているのだという。

      実際、Twitterで“妄想彼氏”とのラブラブツイートを発信するハッシュタグ「#彼氏いない」が人気を集めたり、「妄想」をテーマにしたキャンペーンや企画も盛り上がる傾向にある。例えば恋バナ専用SNS「Palette」で実施された「理想のフレーズコンテスト〜放課後の教室編〜」では、一般投稿数が1万件近くにのぼっており、今や女性にとって妄想コンテンツは、当たり前のように楽しめるものになりつつあるようだ。

      そうした「恋愛妄想市場」が急速に拡大しつつある中、特に最近人気となっているのがスマートフォンの「恋愛妄想系」コンテンツ。例えば「ボーイフレンド(仮)」は、学園を舞台にさまざまな個性を持つ男子との出会いを楽しみながら、「本命の彼」を探し出すというコンセプトのゲーム。2012年10月に登場して以来、会員数が400万人(2013年1月現在)を突破するなど絶大な人気を集めている姉妹ゲーム「ガールフレンド(仮)」の女性向け版として2013年12月に登場した同ゲームは、登場する男の子たちのボイスを、総勢30名以上の豪華声優陣が担当していることが最大の特徴で、さらにキャラクターデザインは人気のイラストレーター潤宮るかが担当しており、「視覚」と「聴覚」両方が刺激されることでより良い妄想が生まれるゲームとして注目を集めている。

      そのほかにも、個性的なイケメンキャラたちとの恋愛メールや、本命の彼に内緒で浮気の彼とのメールなど、スリル満点の恋愛を疑似体験を無料で楽しめる女性向け恋愛ゲーム「妄想彼氏メール」や、小説を読みながら人気声優による“一度は言われたい胸がときめくセリフ”を楽しめる電子書籍アプリ「ボイスドラマアプリ」など、様々な妄想コンテンツが登場している。

      こうした現状について、前出の相沢氏は「数年前まで『妄想コンテンツ』は男性向けのものが多く、女性には閉鎖的でした。(中略)例えば、『乙女ゲーム』と言われるような恋愛シミュレーションゲームは、以前はややコアなユーザーに向けて作られたものが多かったように感じますが、モバイル機器の発達、特にスマホの普及によって急激に一般認知度が上がり、ライトユーザー向けのコンテンツも増えてきました。時代に合わせて、妄想も日々進化しているのです」と分析している。

      “草食男子”の増加も問題視され、ますます男女のリアルな恋愛が減少している現状、女性向けの「恋愛妄想市場」は今後もまだまだ成長しそうだ。
       

      ネタバレにNO!出版社が対策強化

      2014.03.08 Saturday

      0
        ネタバレ自体、あまりにはびこると
        見たくもない人が見てしまうことに
        なるため問題でしょう。

        ただ、同人誌的に一部のファンだけで
        盛り上がっているサイトなのでは、一般人が
        入ってこない工夫を施せば、それ自体が
        絶対的に悪いとまでは言い切れないか
        とも思います。


        http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1403/06/news086.html
        ネタバレ・まとめサイト、ネタバレ記事自粛へ 出版社から警告受けたと報告
        [ねとらぼ]» 2014年03月06日 14時26分 更新

        ネット上に数多く存在する、いわゆる「ネタバレ・まとめサイト」と呼ばれるサイトに対し、出版社側が動きを見せたようだ。サイト「ナルトちゃんねる」では、出版社側(社名は明らかにしていない)と協議した結果、過去のネタバレ記事をすべて削除し、今後「全文ネタバレ、画バレリンク」にあたる記事の更新を止めることにしたとのこと。3月5日のエントリ「ネタバレ記事に関して」の中で報告した。

        ここで言う「ネタバレ」というのは、画像・テキストを問わず「ストーリー全体を描写するような詳細なネタバレ、またはそれに準ずるもの」のこと。雑誌や単行本からのキャプチャを貼り付けるのはもちろんのこと、日本語・英語問わず、文章により詳細なストーリーを描写するのも相当する。また、画像へのリンクを貼る行為や、2ちゃんねるなどに書き込まれたネタバレを転載する行為も、「転載もまた情報の拡散に該当する」という観点からアウトの可能性が高い。

        これまでは「すでにネット上に書き込まれた情報の転載については黙認」というスタンスだったが、現状のネタバレ・まとめサイトの無法地帯化、出版業界の厳しい現状などを踏まえ、今後はこうした「ネタバレ」行為を行っているサイトに対しては「断固たる措置」をとっていくとのこと。出版社側では「できれば穏便に済ませたい」としつつも、今後は「警告なく法的手段に出る可能性」も示唆し、できれば自主的に記事の削除、サイト閉鎖などの措置をとってほしいと警告したという。

        ただし、漫画文化の普及に寄与していると認められるようなサイトについては一定の考慮はされるもよう。「ナルトちゃんねる」についても、サイト自体は存続の方針で動いていくという。

        一方で、「ネタバレ専門サイトはたぶん地獄を見るのでは」とも。また、キャラクターの画像を無断で使用しているケースについても出版社側では問題視しているとのことで、「まとめサイトさんは特に危ないもしれないですね」ともコメントしている。

        「ナルトちゃんねる」の発表を受け、すでに「進撃の巨人ちゃんねる」など一部のネタバレ・まとめサイトも記事の削除や更新停止を発表している。
         

        LINEに死角?偽造スパムメールに注意

        2014.02.28 Friday

        0
          パソコンにウイルスがつきものであるように、
          こういう便利な機械やサービスには、
          つきものなのがこういった迷惑行為で
          あるわけですが。

          対策自体は簡単ですが、これほどまでに
          一般人、素人が使うようになると、今までの
          注意喚起では限界があるのではないでしょうか。



          http://news.mynavi.jp/news/2014/02/27/160/
          トレンドマイクロ、LINEに偽装したスパムメールに注意喚起
          [2014/02/27]マイナビニュース

          トレンドマイクロは26日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」の人気を悪用したスパムメールを確認したとし、同社公式ブログ上で注意を呼びかけた。本文に記載されたURLをクリックすると出会い系サイトに誘導される恐れがある。

          同社が発見したのは、LINE公式メッセージであるかのように偽装したスパムメール。件名に「LINE」という文字列が含まれており、LINE公式メッセージのように見せかけているが、メール本文に記載されているURLを誤ってクリックすると、「ID-BBS」という名前の出会い系Webサイトに誘導されてしまう。

          スパムメールは、送信元メールアドレスを「LINE.com」「Lineid.com」「Line.ne.jp」のようにLINE公式であるよう偽装する場合や、「idkensakubbs.jp」「lineidkensaku.ne.jp」のようにLINE ID検索サービスであるかのように偽装する場合がある。また、メール本文に記載されているURLは末尾が「.asia」というドメインになっているという。

          同社は、万が一こうしたスパムメールや類似の偽装メールを受け取った場合は、すぐに削除するようにとユーザーに注意を呼びかけている。
          (記事提供: AndroWire編集部)