スポンサーサイト

2014.10.20 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ネタバレにNO!出版社が対策強化

    2014.03.08 Saturday

    0
      ネタバレ自体、あまりにはびこると
      見たくもない人が見てしまうことに
      なるため問題でしょう。

      ただ、同人誌的に一部のファンだけで
      盛り上がっているサイトなのでは、一般人が
      入ってこない工夫を施せば、それ自体が
      絶対的に悪いとまでは言い切れないか
      とも思います。


      http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1403/06/news086.html
      ネタバレ・まとめサイト、ネタバレ記事自粛へ 出版社から警告受けたと報告
      [ねとらぼ]» 2014年03月06日 14時26分 更新

      ネット上に数多く存在する、いわゆる「ネタバレ・まとめサイト」と呼ばれるサイトに対し、出版社側が動きを見せたようだ。サイト「ナルトちゃんねる」では、出版社側(社名は明らかにしていない)と協議した結果、過去のネタバレ記事をすべて削除し、今後「全文ネタバレ、画バレリンク」にあたる記事の更新を止めることにしたとのこと。3月5日のエントリ「ネタバレ記事に関して」の中で報告した。

      ここで言う「ネタバレ」というのは、画像・テキストを問わず「ストーリー全体を描写するような詳細なネタバレ、またはそれに準ずるもの」のこと。雑誌や単行本からのキャプチャを貼り付けるのはもちろんのこと、日本語・英語問わず、文章により詳細なストーリーを描写するのも相当する。また、画像へのリンクを貼る行為や、2ちゃんねるなどに書き込まれたネタバレを転載する行為も、「転載もまた情報の拡散に該当する」という観点からアウトの可能性が高い。

      これまでは「すでにネット上に書き込まれた情報の転載については黙認」というスタンスだったが、現状のネタバレ・まとめサイトの無法地帯化、出版業界の厳しい現状などを踏まえ、今後はこうした「ネタバレ」行為を行っているサイトに対しては「断固たる措置」をとっていくとのこと。出版社側では「できれば穏便に済ませたい」としつつも、今後は「警告なく法的手段に出る可能性」も示唆し、できれば自主的に記事の削除、サイト閉鎖などの措置をとってほしいと警告したという。

      ただし、漫画文化の普及に寄与していると認められるようなサイトについては一定の考慮はされるもよう。「ナルトちゃんねる」についても、サイト自体は存続の方針で動いていくという。

      一方で、「ネタバレ専門サイトはたぶん地獄を見るのでは」とも。また、キャラクターの画像を無断で使用しているケースについても出版社側では問題視しているとのことで、「まとめサイトさんは特に危ないもしれないですね」ともコメントしている。

      「ナルトちゃんねる」の発表を受け、すでに「進撃の巨人ちゃんねる」など一部のネタバレ・まとめサイトも記事の削除や更新停止を発表している。
       

      スポンサーサイト

      2014.10.20 Monday

      0
        コメント
        コメントする